明石市長泉房穂の経歴学歴と家族について徹底調査!パワハラ事件も

5月14日に、人材派遣会社パソナと政治家の裏事情について暴露ツイートをし、一躍話題となった兵庫県明石市泉房穂(いずみふさほ)市長。

過去にはパワハラ発言で批判もされましたが、素敵なお父さんを表彰する「ベスト・ファーザー賞 in 関西」も受賞しています。

果たして、泉房穂市長はどんな人なのでしょうか。その経歴と学歴、そして家族について徹底調査しました。

泉房穂市長の経歴プロフィールと生い立ち

明石市長泉房穂の経歴学歴と家族について徹底調査!パワハラ事件も
泉房穂のプロフィール
  • 名前:泉房穂(いずみ ふさほ)
  • 生年月日:1963年8月19日
  • 年齢:59歳
  • 出生地:兵庫県明石市二見町
  • 出身校:東京大学教育学部
  • 前職:NHKディレクター、弁護士、衆議院議員等
  • 資格:弁護士、社会福祉士
  • 現職:兵庫県明石市長(2011年より)

泉房穂の経歴と生い立ち

泉房穂市長は兵庫県明石市二見町の出身です。

明石市二見町は海岸があり、泉房穂さんの生家は代々漁師をしていました。

4つ違いで生まれた弟に障害があり、両親が運動して障害児施設を作りました

この頃から、泉房穂市長は、「困っている人の力になりたい」と思っていたといいます。

大学卒業後の泉房穂市長は、NHK職員や弁護士、衆議院議員を経て、2011年5月に兵庫県明石市長に就任

中学生までのこどもの医療費を無料化、離婚後のこども養育支援など、子育てのしやすさを考慮した町づくりを行いました。

また、障害者支援にも積極的に取り組み、泉房穂市長自身も手話を習得しています。

泉房穂市長のパワハラ問題

2017年6月14日、泉房穂市長は、明石駅付近の国道2号の拡幅工事に必要な立ち退きに関して、担当職員に次のような暴言を吐きました。

「火付けて捕まってこいおまえ。燃やしてまえ。損害賠償を個人で負え」

「おまえら1人ずつ1千万円出せ。自分の家売れ。その金で払うたれ」

2019年1月になって、当時の録音データがマスコミにわたり、泉房穂市長はパワハラ発言を認め辞職します

しかし、3月に行われた出直し選挙で泉房穂市長が当選し、現在に至ります

泉房穂市長はどんなツイートをしてる?

Twitterによく投稿している泉房穂さんは、普段どのようなツイートをしているかまとめてみました。

▼食べ物の話題

▼市政の話題

▼政治の裏側を暴露

また、2022年2月に川崎重工の法人市民税額についてツイート。

現在ツイートは削除されていますが、調査特別委員会(百条委員会)を設置するなど物議をかもしました。

泉房穂市長の家族構成は妻と娘・息子

明石市長泉房穂の経歴学歴と家族について徹底調査!パワハラ事件も

泉房穂市長の家族構成について紹介します。

泉房穂さんには息子が1人ずついます

泉房穂さんの妻の年齢や写真は公開されていません。また、息子と娘に関しても公開されていません。

泉房穂は2021年度ベスト・ファーザー賞受賞

2021年度の「ベスト・ファーザー賞 in 関西」を受賞した泉房穂さんは、家庭ではどんな父親でしょうか?

ベスト・ファーザー賞 in 関西の選考基準は?

関西出身、または関西を中心に活躍している、
・素敵なお父さん像として各界で活躍している父親
・明るく楽しい家庭づくりをしている父親
・素敵な父親像を体現されている父親学の実践者
・ユニークな子育てをしている父親
・社会貢献、福祉活動に積極的なお父さん像の人物、また企業、プロジェクトなど

実は、泉房穂さんがベスト・ファーザー in 関西を受賞したときに、こんな家族の会話が披露されました。

市長「実は、ビッグニュースがあるんだけど・・・」

妻「えっ。また何かやらかしたの?」

市長「そうじゃなくて、ベストファーザー賞に決まったって」

娘「それって、どっきりカメラじゃないの?」

息子「暴言大賞の間違いじゃない」

妻「じゃあ、ちょうどいいわ。ベストファーザーなんだから、あとの片づけと風呂掃除もお願いね。」

娘「じゃあ、洗濯も」

息子「おやつの買い置きもね」

市長「・・・」

3人「イヨッ、頑張れ、ベストファーザー」

出典元:2021年度 第14回 ベスト・ファーザー賞in関西

とても仲の良さが伝わってくる会話ですね。なんかほっこりします^^

泉房穂さんは妻からこのように言われたことがあると言います。

「国会議員や市長の代わりはいくらでもいるけど、この子らの父親はあなただけなんだから」
「政治家という仕事は好きじゃないけど、せめて『我が子に恥ずかしくない政治家』であってほしい」

泉房穂さんの妻の言葉もかっこいいですね。妻の存在があるからこそベスト・ファーザーを受賞できたでしょう。

まとめ

泉房穂明石市長は、パワハラ問題こそありましたが、市民、特に子供たちや障害者など弱者のために戦っている立派な市長だということがわかりました。

また、Twitterでの暴露の影響も強く、どのツイートにも目が離せませんね。

これからも良き市長、良き父親として頑張っていただきたいと思います。