香川照之と元嫁(知子夫人)の離婚理由は梨園と介護!結婚21年のすれ違い

『半沢直樹』『六本木クラス』など人気ドラマに出演している俳優・香川照之さん

プライベートでは1995年に元CAの知子さんと結婚していましたが、2016年12月に離婚しました

とても仲が良かったとされていた二人が、21年の結婚生活にピリオドを打ち、離婚という決断に至った理由がとても複雑で切なかったです。この記事で詳細を紹介します。

それでは見ていきましょう。

香川照之の元嫁はCAの知子夫人

香川照之さんは1995年12月7日に元嫁の知子さんと結婚しました。

知子さんの職業は元CAだそうです。とても美しい方ですよね!

元CAなので、身長も高いです。スタイル抜群ですね。

二人の出会いは飲み会で、香川照之さんが知子さんに一目惚れして、アプローチしたと言っています

二人の結婚は一時期世間を騒がせていましたが、香川照之さんと知子さんはとても仲が良かったです

子供が生まれてからでも、夫婦でお出かけしたりして、週刊誌に撮られたこともあります。

香川照之と知子夫人の離婚理由3つ

香川照之さんと知子夫人は、仲睦まじい夫婦だったから、21年の婚姻を終わりにした理由が気になりますよね。

実は、その理由がとても複雑だったのです。

理由①梨園の妻の仕事が大変

知子さんは香川照之さんと結婚してから、俳優としての香川照之さんを支えるため、仕事をやめて、家事と育児に専念してきました。

ところで、2011年に香川照之さんが父である市川猿翁さんと和解し、「梨園入り」という長年の悲願を果たしました

父との確執を乗り越えて、2011年、父に教えを請う形で46歳にして歌舞伎界入りしたことで注目された

香川照之さんが市川中車として、当時12歳の長男も市川團子として梨園入りしました。

なぜ長年俳優をやってきたのに、突然に梨園入りをしたのでしょうか?

実は、香川照之さんは「市川猿之助」の名を息子に継がせたかったから、梨園入りが必要だったのです。

香川照之さんにとって、梨園入りは長年の悲願だったのですが、それで知子さんは「梨園の妻」を務めなければいけなくなったのです

「梨園の妻」って、大変なイメージがありますよね。実際、知子さんも非常につらかったようです。

それまで家事と育児に専念してきた知子さんにとって、梨園妻の務めを果たすことは簡単ではありませんでした。

和服の着こなしや梨園妻としての仕事を学び、長男の踊りのお稽古送迎もしなくてはなりません。

また長男のデビュー後は、演舞場で挨拶まわりにも奔走していました。

https://www.excite.co.jp/

梨園の妻は、ご挨拶だったり送迎だったり、外回りの仕事がたくさんあります。自分の時間が少なくなります。

それは知子さんにとってストレスだったでしょう。

「ただでさえ映画やドラマに引っ張りだこの香川です。それにプラスして歌舞伎役者としての仕事まで増やした。

それもすべて息子に『猿之助』を継がせたいからです。

しかし、妻にとっては大変ですよ。裏方として贔屓筋を全員覚え、時節の挨拶、舞台裏での挨拶と忙しい

夫は仕事で留守の時でも、息子のお稽古がある。それこそ、休む時間も無かったでしょう

https://asajo.jp/

理由②梨園のいじめがひどい

忙しくなるだけではなく、梨園の中にはいじめもあったようです。

具体的には、こういったエピソードがあったとされています。

  • 人を紹介してくれない
  • 挨拶が無視される
  • 息子が酷評される

「劇場ロビーで挨拶をする際も、知子さんにとっては知らない人ばかり。でも後ろ盾がない彼女には教えてくれる人もいないのです。

そのうえ香川さんは父の後をついて回らなければならないため、現場は彼女が仕切らなくてはなりません。しかしそんな彼女への先輩妻たちの対応は冷ややかでした。

面と向かっての嫌がらせはなかったものの、知子さんが挨拶をしても無視するなど“いじめ”のような状態が続きました」(前出・歌舞伎関係者)

「伝統芸能の重鎮のひとりがブログで市川團子のことを“只の駄馬”と酷評したのです。名前こそ出していなかったものの、それが團子のことを指すのは明らかでした。

自分だけならまだしも、息子まで攻撃された。そこで彼女の心は折れてしまいました」(前出・歌舞伎関係者)

理由③義父の介護が大変

香川照之さんががまだ1歳のときに、父親・市川猿翁さんと母親・浜木綿子さんが離婚していました。

香川照之さんは母親に育てられたため、父親とは長年会っていなくて、いわゆる絶縁状態でした。

しかし、香川照之さんが父親・市川猿翁さんと和解して梨園入りすると、父親と同居することになりました

当時70代の市川猿翁さんは介護が必要で、その仕事もまた知子さんの負担になりました

さらに猿翁さんとの同居が始まると、介護の負担も重くのしかかることになった。彼女(知子さん)は目に見えて疲れているようでした

理由④香川照之とのすれ違い

香川照之さんはドラマ、映画、番組でも数え切れないほどオファーを受けている、人気の大物俳優です。

特に『半沢直樹』に出演した後の勢いが凄かったですよね。

それに加えて、市川中車を襲名してから、歌舞伎の仕事も増えました。

多忙のせいで、知子さんとすれ違いが生じたのです。

週刊誌によると、香川照之さんと知子さんは離婚の決断に至るまで、2年ほど家庭内別居をしていたそうです

俳優としても活躍していた香川は、歌舞伎俳優の顔が加わったことで多忙を極め、妻との間にすれ違いが生じ始めた。14年9月には写真誌が家庭内別居状態だと報じていた

離婚発表をする際に、香川照之さんは報道陣にこう言いました。

「私の力不足。お騒がせして申し訳ございません」

香川照之さん自身も、すれ違いが生じる前にもっと努力すれば良かったと思っているかもしれません。

香川照之さんが婚約破棄した元彼女:冴木杏奈

ついでに、香川照之さんの過去の恋人もご紹介します。

実は知子さんと結婚する前に、香川照之さんはタレント・タンゴ歌手の冴木杏奈さんと婚約していたんですね。

  • 名前:冴木杏奈(さえき あんな)
  • 出身:北海道旭川市
  • 生年月日:1963年4月15日
  • 年齢:59歳
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型

香川照之さんと冴木杏奈さんは長く交際していて、公認のカップルでした

二人は婚約関係にもなっていたそうです。

1995年に、冴木杏奈さんが所属の小澤音楽事務所を退社し、世間は「結婚秒読み」と見ていたのですが、

結局この年の12月7日、香川照之さんの誕生日に、香川照之さんが知子夫人との結婚を発表したのです

あまりも突然すぎたから、世間からは「二股」「略奪婚」だとバッシングされていました。

現在の彼女は永作博美似の美人!

2016年に離婚した香川照之さんは、2018年に新しい恋人の存在が週刊誌に撮られました。

香川照之さんの現在の彼女は、永作博美似の美人で、職業はホステスだそうです。

年齢は30代で、香川照之さんよりかなり年下です。

写真から見るとすごく美人で、背も高いですね!

2人が再婚発表をする日が来るかもしれません。