メルカリ便が6月16日から値上げ!よりお得なフリマアプリは?

メルカリ便の送料が6月16日に大幅に値上げすると発表されました。

今回はらくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便の両方とも送料が大幅に値上げすることになりました。最大150円の値上げも。

メルカリは手数料10%取られるし、配送料金も高いです。

家のいらないものを売って、お小遣いを稼ぐというユーザーにとってはかなりきついですね。

この記事は

  • メリカリ便が6月16日から値上げ!料金表はこちら
  • メルカリ以外におすすめのフリマアプリを紹介!

をお届けします。

メリカリ便が6月16日から値上げ!料金表はこちら

値上げはいつから?購入日をチェック!

値上げはいつからか気になりますね。

ここで注意したいのは、値上げは商品の出品日や発送日と関係なく、購入日で決まります

  • 【2022年6月16日(木)午前11:59:59以前】に購入された商品には「旧料金」が適用されます
  • 【2022年6月16日(木)午後00:00:00(正午)以降】に購入された商品には「新料金」が適用されます

例えば、6月1日に商品を出品したとします。

6月16日の11時59分までに商品が購入されたら、6月17日以降に発送しても旧料金が適用されます。

一方で、6月16日の昼12時以降に購入される場合、いつ発送しても新料金が適用されます。

値上げの理由は?

値上げの理由に関しては、物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果だと言います。

物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果、メルカリ便配送サービスを継続しつつ、お客さま体験を一層良くしていく為の配送サービス利用料の改定でございますことを、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

昨今の情勢は原油価格が上がり、様々なものが値上げする流れになっています。そのため、メルカリ便も値上げするのは仕方ない…と考える方も多いようです。

しかし、メルカリは手数料10%取られるし、配送料金も高いです。

家のいらないものを売って、お小遣いを稼ぐというユーザーにとってはかなりきついですね。

メルカリ以外におすすめのフリマアプリを紹介!

メルカリの配送料金改定を受けて、別のフリマアプリに移行するユーザーも増えそうですね。

そこで、メルカリよりも手数料と配送料金が安いアプリをまとめて紹介します!

①ラクマ

楽天市場の会社・楽天が展開しているフリマアプリです。

販売手数料は6.6%で、メルカリの10%よりもだいぶ安くなっています。

例えば、10,000円で出品した商品が売れた場合、販売手数料は660円です。

10,000円 x 6.6% = 600円

実際の受取金額 = 9,340円

そして、実際の受取金額は手数料660円を引いた、9,340円になります。

ちなみにメルカリの場合は、10,000円の商品が売れたら、販売手数料は1,000円になります。

手数料だけでもフリマの方が340円お得です!

②PayPayフリマ

QRコード決済でお馴染みのPayPayですが、実はフリマアプリも提供しています。

しかも2021年9月から、販売手数料は業界最安値の5%に引き下げたのです!

例えば、10,000円で出品した商品が売れた場合、販売手数料は500円です。

10,000円 x 5% = 500円

実際の受取金額 = 9,500円

そして、実際の受取金額は手数料500円を引いた、9,500円になります。

メルカリよりも500円お得です!

フリマよりも、160円お得です。

さらに、より多くの方に利用してもらうために、2022年2月9日から「初めて売れた商品は手数料無料」と優待しています。

ヤフー株式会社が運営するフリマアプリ「PayPayフリマ」は、2022年2月9日(水)より、出品者にかかる販売手数料5%を、初めて購入された商品に対して無料に変更します。

10,000円の商品が売れたらそのまま10,000円が手に入るということです。かなりお得ですね!

ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。