【顔写真】大野友洋(華原朋美旦那)の経歴と年収は1億?建築会社と芸能事務所の社長!

週刊文春で、華原朋美さんの夫である大野友洋さんの離婚歴、前妻へのDVや隠し子の存在が暴露されました。

華原朋美さんはYouTubeで、全て真実であることを認めました(5/23現在動画は削除済み)。

大野友洋さん自身は5/7のインスタグラムで事実であることを認め、関係者に謝罪しています

そんな渦中にいる大野友洋さんの、気になる顔写真と経歴、そして年収をまとめました!

【大野友洋】経歴プロフィールと顔写真

【顔写真】大野友洋(華原朋美の夫)の経歴と年収は1億?建築会社と芸能事務所の社長!
  • 名前:大野友洋(おおの ともひろ)
  • 生年月日:1976年8月12日
  • 年齢:46歳(2022年時点)
  • 職業:株式会社伝元代表取締役、有限会社竜ヶ崎仮設代表取締役
  • 華原朋美との関係:夫、専属マネージャー兼事務所社長

大野友洋さんはゴルフが大変好きなようで、日焼け顔に、がっしりとした体格をしています。

大野友洋さんの学歴については詳しいことはわかりませんでした。

ただし、大野友洋さんは2000年5月(23歳)で、有限会社竜ヶ崎仮設を設立しています。

23歳は大学卒業後すぐというタイミングなので、もしかしたら最終学歴は大卒なのかもしれません。

【大野友洋】経営会社と年収を調査!

ここから、大野友洋さんが経営している会社、そして年収を詳しく調査します!

大野友洋さんが経営している会社は二つです。

  1. 建築会社「有限会社竜ヶ崎仮設」
  2. 芸能事務所「株式会社伝元」

【大野友洋】建築会社「有限会社竜ヶ崎仮設」を経営!

大野友洋さんは、2000年5月から、茨城県で有限会社竜ヶ崎仮設という建築会社を経営しています。

会社名有限会社竜ヶ崎建設
本店茨城県龍ヶ崎市6063-3
事務所茨城県龍ヶ崎市八代町1362
役員代表取締役 大野友洋
資本金300万円
設立2000年5月
従業員数17人
事業内容足場工事
塗装工事
防水工事
建築工事など

仮設足場工事を主に行う会社で、熊本の益城町復興支援工事や、宮古島のリゾートホテルの工事なども行っていたそうです。

資本金300万円、従業員17名と決して大きな会社ではありませんが、経営は好調のようです。

【大野友洋】伝元芸能事務所を経営!

大野友洋さんは、2018年10月5日に、株式会社デンゲントーキョーを設立。

2019年2月12日に、会社名を変更して、現在の株式会社伝元になりました。

メントしているのは18名と少ないですが、妻である華原朋美さん、IKKOさん、ミスターマリックさんなど、大物の芸能人も所属しています。

会社名株式会社伝元
所在地東京都目黒区三田1-4-4-2414
役員代表取締役 大野友洋
設立2018年10月5日
事業内容イベント・プロモーションの企画
キャスティングリスト作成
タレント所属タレント:6人
業務取引タレント:12人

【大野友洋】年収は1億円以上!

大野友洋さんは、プリウスを普段使いしているようですが、アウディ、ランボルギーニ・ウラカン、フェラーリといった高級車を数台所有しているそうです。

アウディの値段は1000万円以上、ランボルギーニ・ウラカンの値段は2500万円以上、そしてフェラーリの値段は3000~4000万円ですので、数台所有しているとなると、年収は最低でも5000万円以上は必要です。

またインスタグラムにはクルージングをしている写真もアップされています。

建設会社の方は、会社の規模を考えると、いくら好調と言っても年収は5000万円を越えないくらいでしょう。

しかし、芸能事務所の方は、IKKOさんの年収が5億という噂も出たくらいですし、華原朋美さんもいます

芸能事務所の方の年収は1億円を越えていても不思議ではないでしょう

華原朋美さんが「アウト×デラックスSP」に出演した際、「お金がすべて」と発言していましたが、大野友洋さんはその金銭欲求を満たすほどの高収入だったんですね。

まとめ

大野友洋さんは、建築会社と芸能事務所の両方を好調に経営している、敏腕社長でした。

今回の文春砲は衝撃的でしたが、華原朋美さんのマネージメントは続けることが発表されましたので、また二人三脚で頑張っていただきたいと思います。