Googleピクセル6CMの登山花嫁がうざい嫌い?海外では消すのが当たり前!

グーグルピクセル6(Google Pixel 6)のCM『消しゴムマジック篇』はネットで「うざい」「嫌い」「苦手」といったネガティブな意見が多いです。

特に友達を消して笑う花嫁はサイコパスなのでは?と言われています。

Googleはなぜこんなにも反感を買ってしまうCMを作ったのか、詳しく調べていくと、実は海外では消すのが当たり前だそうです!

この記事は

  • Googleピクセル6CMの登山花嫁がうざい理由!意見まとめ
  • 海外では「消しゴムマジック」が当たり前!?

について紹介していきます。

【動画】グーグルピクセル6のCM『消しゴムマジック篇』

Googleピクセル6のCMの中でも、特に話題になるのは、この新郎新婦と友人たちが一緒に登山して、山頂でウェディングフォトを撮るCMです。

動画はこちらです。長さは30秒です。

もうYouTubeで見飽きたよ!という方はここを飛ばして、記事の続きをお読み下さい。

Googleピクセル6のゲイカップルCM「気持ち悪い」「素敵」の賛否両論

Googleピクセル6CMの登山花嫁が嫌いな理由!意見まとめ

このように、この『消しゴムマジック篇』CMについて、「うざい」「嫌い」「苦手」といったネガティブな意見が多いですが、その理由をまとめるとこの2点になります。

  1. 友達を消すのがサイコパス
  2. 花嫁の格好は登山にあり得ない

理由①友達を消すのがサイコパス

まず一つ目の理由は「友達を消すのがサイコパス」という理由です。

このCMで強調したい「消しゴムマジック」機能は、風景写真などの撮るときに不意に写り込んだ人物などを一瞬で消すという機能です。

CMの中では、友達がドレスを持ち上げてくれて、写真を撮った後にワンタッチで消されました。

Googleピクセル6CMの登山花嫁がうざい嫌い?海外では消すのが当たり前?
Googleピクセル6CMの登山花嫁がうざい嫌い?海外では消すのが当たり前?
ワンタッチで友達が消えた

しかし、一緒に登山して、山頂まで登って、ウェディングフォトの撮影を手伝ってくれた友達をワンタッチで消しちゃう、というシーンに不快感を感じる人が多いようです。

理由②花嫁の格好は登山にあり得ない

Googleピクセル6CMの登山花嫁がうざい嫌い?海外では消すのが当たり前?

二つ目の理由は花嫁さんの格好ですね。登山服の下では薄くて白いドレスで、登山に向いていない服装です。

確かにこの服装で登山するのは危ないですし、ドレスが木とか草とかに引っかかりそうですよね。

海外のウェディングフォトでは「消しゴムマジック」が当たり前?

このCMはあまり受け入れられていないようですが、そもそもGoogleはなぜこんなCMを作ったのでしょうか?

実は、理由は海外と日本のウェディングフォト文化の違いにあるんです。

海外のウェディングフォトはロケ撮影が多い

ウェディングフォトやブライダル写真といえば、スタジオで撮影することを思い浮かべる方が多いでしょう。

日本のウェデイングフォトはスタジオ撮影が多いです。

引用:スタジオアリス

しかしながら、海外ではロケ撮影が主流になりつつあります。

景色が綺麗な場所や、2人の思い出の場所などでロケ撮影することが多いそうです。

例えば、台湾ではこのように浜辺で壮大なウェディングフォトを撮るカップルもいます。

台湾のウェディングフォト

Googleの本家のアメリカでも、自然の中で撮影するウェディングフォトが多いです。

アメリカのウェディングフォト

ウェデイングフォトの手伝いは消される前提

このようなロケ撮影では、ドレスを綺麗に整えたり、引っ張ったりする役が必要です。

そういう役割の人は、そもそも映り込まない前提です。

仕方なく写り込んだ場合でも、後でPhotoshopなどのソフトウェアで加工して消されます。

Googleピクセル6のゲイカップルCM「気持ち悪い」「素敵」の賛否両論